ハモ玉ねぎ

 
最高気温が30度をこえてきました。
お腹に卵を持ち始めたハモも肥えてきました。
ウニは相変わらず品薄のまま、夏本番が近づいております。
今年はカラ梅雨じゃないんか?と心配してたら、ものすごい雨が降ったりして、毎日天気予報に振り回されています。
 
そんな梅雨の中休みに、玉ねぎの収穫を済ませて、家の裏に干しているんですけど、なんせ湿気が多いんで、なかなか難しいです。
 

 
この玉ねぎは店でサラダとか、南蛮漬けにして使っています。まかないや、家のおかずにもなんでも使えるのですごく助かります。
まかないですと、よく作るのが、親子丼や焼き飯、あんかけ丼、肉じゃがなど。
晩飯で最近作ったのが、ボロネーゼや和風ドレッシング、タルタル、生姜焼きなど。
どれもぼくのなかでは玉ねぎが主役です。
 

 
玉ねぎが旨みになるので、和食で言うところの出汁の役割をしてくれるし、具材にもなってくれるので、本当の意味で万能野菜やと思っています。
 
今年は豊作なんで、しばらくはおかずに困らんなと思って、遊びで冷凍ハンバーグと玉ねぎを具にしての洋風お好み焼きを作ってみたら、バカみたいに美味かったです。ただ、カロリーも半端ないんでしょう、体重もえらい事になりました。
夏本番を前に反省しかありません。
 
玉ねぎはハモとの相性もいいので、ハモ料理の付け合わせには欠かせません。「鴨ネギならぬ、ハモ玉ねぎやな。」とか言ってみたのですが…誰もきいてくれません。
 

宍戸開さんも食べた「ハモの親子丼」
 
僕ももうオッサンの仲間入りです。


2013年6月29日