愛媛県・伊予灘の
地魚、旬の味
魚吉、自慢の釜めし。
天然鯛の旨味を
とじ込めました
どの席、お部屋からも
伊予灘の美しい海を
一望できます
夏のとっておき。
旬のウニは最高です

伊予灘の天然・地魚を食べ尽くす

魚吉(うおよし)は、漁師でもある大将・魚見吉晴が1992年に開業しました。天然魚のことを知り尽くした大将が選ぶ旬の魚は、体の底から力が湧いてくる味わいです。

一度は降りてみたい駅、JR予讃線 下灘駅。

「しずむ夕日が立ちどまる町」伊予市双海町(ふたみちょう)は、日本の夕日百選に選定された国内有数の夕日スポット。
かつて「日本一海に近い駅」とされていた海辺の無人駅・下灘駅が最寄駅でもあります。旅の途中にも、ぜひお立ち寄りください。

魚吉について

漁師でもある大将・魚見吉晴が「伊予灘の天然の味をもっと多くの人々に知ってもらいたい」と1992年に開業。魚吉の素材は、地元の市場から水揚げされる天然の魚ばかりです。

詳しくみる

おしながき

名物料理・天然鯛の釜めしに旬の刺身や天ぷらがついた「漁火セット」のほか、「さつま」や「ひゅうが飯」など愛媛の郷土料理も人気です。

詳しくみる

店舗案内   (Access)

松山空港からお車で約40分。伊予灘に面した「夕やけこやけライン(国道378号線)」沿いにあり、店内のどのお席からも海を一望できるロケーションです。

詳しくみる

漁師の食卓

50年以上漁師を続ける店主が、うまい魚について語るコラム。

コラム一覧

魚吉からのお知らせ

季節のおいしいお知らせをご案内します。

お知らせ一覧